ドラゴンとの戦いっぽいもの

Collectors Editionを買ったにも関わらず国内リリース日まで馬鹿正直に待ってましたがこの週末は引きこもってほぼずっと遊んでおりましたとさ。日本語リソースを英語版に突っ込む、と言うやり方で英語版最新パッチに対応する手段もあるそうですけどとりあえずは日本語版で……しかしこれだと現在(Version1.1のカスタムらしいですが)だとジャーナルやメニューでのマウスオペレーションに深刻なバグがある…よろしい、ならば箱○コントローラだ。

という感じで結局ゲームパッドで遊んでます。コンソールモードとエンチャント時の武器名だけはキーボードが効くからまぁいいかな。体験プレイの時のような失敗はしないようにキーコンフィグを考えてはいたんだけど結局左スティッククリックにスニークを入れてたまにうぼぁ…とかなってます('A`)。ほんとは早くキーボード+マウスでプレイしたいんじゃぜ。

30時間弱プレイしてレベルは24、Companionsのクエストラインを完了したところ。Companionsのクエストラインはけっこう淡々としていたかも。ただ敵対組織との決戦とかOblivionの戦士ギルドクエスト時と違って一緒にカチコむ仲間がいるので心強いw

メインクエストはまだほとんど進めていないけど、Dragonbornと言う世界が選んだチャンピオンとなり、世界に相対していくっぽい今回の流れは、Oblivionの時と違って自分のキャラが英雄と言うことで燃え上がることもあるといいなぁw

声の吹き替えのほうはけっこう悪くないかなー、棒読みっぽくはあるけど。もう少し条件を増やしてダイアログを切り替えてくれるとなおよいかな。Fallout3の時からもそうだったんだろうけどボイスアクトと字幕の差異に噴くことも……字幕表示するべきか否かはどっちにするのがいいんだろうなぁ。

戦闘に関してはOblivionの時のように力押しだけでは勝ちにくいのはいいかな。ひとりじゃどうにもならないんでフォロワー(同行者)を連れて行く価値があるというモノ。

ドラゴンとは30時間弱のプレイの中で荒野で遭遇したのは3回(1回はRiftenの市壁付近)、集落で1回、メインクエスト(まだあまり進めていない)で1回、固定遭遇のものを狩ったのが2回、くらいかなぁ。あ、巨人とガチンコして負けてたのが1回あったなぁ。プレイヤーキャラをNordにしたのと拾いもののおかげで氷のブレスを吐くドラゴンはいいカモになってしまってます。氷耐性90もあれば、ねぇ(・∀・)

今のところは巨人のほうがよっぽどこわい、何度も打ち上げられてしまっていてもはや笑うしかない。某クエストで戦ったときは自分は走り回って巨人の攻撃をかわしつつLydiaに矢をしこたま打ち込んでもらって勝つというどうしようもない展開になってしまったです。まぁそう言うのもアリか。

グラフィックは表現がうまくなったなぁ、という感じ。でも気になるところもちらほらあるのは事実。いずれは高画質テクスチャなんかModで出てきそうですがそこまで気にはならないかなぁ。遠景の滝がのっぺりしすぎてるのが気になったりするけど贅沢か。

PC版の最大の長所であるModに関しては一度メインクエストクリアするまではModの導入はしないぞ、と決めていたんだけどコントローラのキーマップを拡張するのだけは入れてしまった……クイックセーブとかできないのはさすがにストレスたまるので。

どっかの海外ゲーム誌のレビューじゃないけど「日記を書く時間だけSkyrimから離れないといけないのはつらい」とか本気で思わされるいいゲームだなぁ……え、バグ?TESシリーズなら仕方がないんで(ぇー。でも早くマウスオペレーションは何とかして欲しいですね…

Posted : 2011-12-11 23:41

Category : ゲーム雑記 / Tags : Skyrim

[ コメントの受付は終了しています ]

Refererence

このページの先頭へ